甘いものとニキビの関係について

甘いものとニキビの関係について

甘い物を食べた次の日に前の日にはなかったニキビができていたなんて経験のある人も多いかもしれません。甘いものを食べ過ぎるとニキビが出来るというのはなんとなく知っている人も多いかもしれませんが、どうして甘いものをたべるとニキビが出来てしまうのでしょうか?甘いものには大量の糖分が含まれています。この糖分は体の中で代謝されるときにビタミンB1を大量に消費してしまいます。ビタミンB1は美容ビタミンと言われるほど美容に深く関わっていて、足りなくなると肌に様々な問題を起こしてしまいます。その中の一つがニキビが出来るということなのです。詰まり糖質を取り過ぎた次の日は体の中のビタミンB1が大量に消費された後で、ニキビが出来やすい状態になっているということになります。糖質は炭水化物ですので、炭水化物の取り過ぎがニキビを作りやすくすることにつながっています。炭水化物を取り過ぎている生活を送っている人は意識してビタミンB1を摂取していくようにする必要もあります。ファストフードやジャンクフードが食生活の中心になっているという人は特にビタミンB1を摂取していくようにしましょう。ビタミンB1はナッツ類や赤身肉に多く含まれています。脂質の多い肉をたべると中々ニキビは治ってくれなくなりますが、赤身肉にこだわって摂取していくとニキビ対策になります。肉をたべるときには脂質の少ないものを選び、上手に摂取出来ない時にはサプリメントを利用していくことも考えてみるといいでしょう。おでこに出来たシワを消そうと頑張ってみても、中々簡単に消えてくれないでのはないでしょうか。それは長い年月をかけて刻まれた形状記憶型のシワだからです。おでこに記憶されたシワは真皮のコラーゲンが不足した状態になることで刻まれていきます。若くてコラーゲンが十分にある肌なら刻まれたシワもコラーゲンの持つ弾力によってすぐに消えてくれますが、コラーゲンは年齢とともに低下していくため、コラーゲンが足りなくなってくると刻まれたシワが元に戻らなくなってしまうのです。おでこに出来るシワを出来るだけ目立たなせなくするための対策としてはコラーゲン不足を解消すること、おでこにシワが記憶されるような表情を作らないことが大事です。失われたコラーゲンを取り戻すことは大変ですが、コラーゲンもタンパク質の塊。タンパク質をしっかりと摂取していくことで肌の中で自然と作られるようになります。時間がかかりますが、タンパク質をしっかりと摂取してコラーゲンが作られるための栄養を蓄えていくことが大事です。おでこにシワが記憶されてしまうのは、表情の作り方にもよります。特に怒った時の縦皺は普段からその表情をしていると刻まれていくことになります。日常の生活の中でおでこにシワが作られないような生活を送れるように気をつけていくと改善することが出来るようになります。毎日の表情を意識するのは大変ですが、心穏やかな生活を送れるようになるとシワも記憶されにくくなりますよ。大塚 美容室