別の店を選んだ意外な理由

別の店を選んだ意外な理由

美容師が反省点として自分の技術の未熟さを挙げるのに対して、お客さんがお店を変えてしまった本当の理由は、驚くほど技術に関する事とはかけ離れた理由であることが多いようです。例えば「バカにされた」という事を挙げるお客さんもいます。美容師にとってはお客さんをバカにするなんてありえない事で全く身に覚えがない、と言う事もあるでしょう。ですがそのお客さんは実際に「バカにされた」と感じた、と言う事は「美容師の何気ない一言がお客さんを傷つけてしまっている可能性がある」と言う事になるのでしょう。よくあるのが髪の毛がとてもボリュームのある人に対してとても感心したように「物凄く髪の毛が多いですね〜」と言ったとします。美容師にっとっては「手入れが大変でしょう?」という気持ちだったのかもしれませんし、ただ見たままの事実を口にしただけかもしれません。ですが日頃から髪のボリュームを気にしているお客さんにとっては、美容師にまでもそういう風に言われるのか、と思うととても腹立たしい気持ちになることもあります。どんなに満足のいく仕上がりにしてもらったとしても「人としてこの美容師は許せない」と思ってしまったら、もうその美容室に行こうとは思わなくなるのかもしれません。多くの美容師の皆さんは、もしもこれまで来てくれていたお客さんが来店しなくなってしまった時には「どうして来てくれなくなったのか」と言う事が気がかりになると思いますし、その原因を知ることで一人でも多くのお客さんを惹きつけておくことができる美容師へと成長していこうと思っているはずです。ところが美容師が反省している点と、実際にお客さんがどうして他の美容室へ移ってしまったのか、という理由がおおきくすれ違っている事も多々ありそうですね。美容師が反省するのは多くは「自分の技術の無さ」とか「カウンセリングにおいてもお客さんとの意思疎通が未熟だった」と言う点だと思うんですね。ですから「もっと技術を身に付けよう」「お客さんの気に入るスタイルを作れるように頑張ろう」と思うのでしょう。ですが実はこの時点ですでにお客さんの気持ちとはかけ離れている事があります。実際に美容師が気にしている程「技術の良さ」と言う事に関してはお客さんは「良く分からない」と言う事が多いんですね。もしも一度に同じヘアスタイルを別の美容師に作ってもらう事が出来たら簡単に技術の差を比較する事が出来るのでしょうけれども、よほどヘタな美容師でない限り「この美容師のカットは下手だ」とお客さんが思う事って、そんなに多くあることではないと思われます。三軒茶屋にあるヘアサロン