だれでもOKの美容室は危ない

だれでもOKの美容室は危ない

男性客が美容室を利用するようになったから、といっても、これまで女性客ばかりだった美容室が急に男性客を取り込もうとする動き、というのはそんなにあるものではない、と思われます。それはもしも女性客ばかりが利用する美容室であっても、それで十分に売り上げが出ているのであれば、それ以上男性客を取り込まなくても今まで通り十分にやっていける美容室だという事になります。わざわざ方向転換してまで男性客にアピールする必要はない、という事です。ですから逆に考えたら、男性客を取り込む方向にしている美容室、というのは、きちんと方向転換する事が目的の美容室なら問題ありませんが、とにかく新しいお客さんが欲しくて男性客もOKにしているような美容室と言うのは、もしかしたらそもそも経営が難しくなっている美容室なのかもしれませんよね。そういう美容室では、たとえその男性客たちが少々品位に欠けるようなお客だったり、女性客が顔をしかめるような振る舞いをするような事があったりしても、そういうお客さんを排除するような方向には動かないかもしれません。そうなってくると逆に女性客のみなさんが去っている可能性があり、決して経営が立ち直るとは思えませんよね。「とにかく性別を問わないからお客さんに来てほしい」という美容室ではちょっと心配ですね。残念ながらその人の性格上、どうしても表情が乏しい、という人もいます。ですが多くの人はそれも意識的に改革していくうちに豊かな表情を身に着ける事が出来るようです。そしてもしも美容師を目指すならばお客さんとのかかわりばかりではなく、美容室のスタッフとのかかわりにおいても、豊かな表情と言う事が求められるようになると思います。学生のうちに一生懸命に勉強するのは大切な事ですが、机やパソコンにばかり向っていたのでは、当然のことながら豊かな表情は育まれないでしょう。人とのかかわりに必要な表情は、やはり人と関わる事で育まれるものでしょう。その一つの手段として、接客関係のアルバイトというのはとても有効だと思われます。アルバイトと言うポジションであればまだまだ失敗も許される立場です。相手に対して笑顔を向ける事や、きちんと目を見て話す、といった基本的な表情を身に着ける事ができるでしょう。そしてそれが出来ている、というだけでも、新人美容師としてはかなり有利だと思われます。なぜならベテラン美容師のみなさんを診ていると解るのですが、多くの美容師は作業をしながら鏡越しににこやかな笑顔をお客さんに向けていますよね。それができなくては美容師は務まらないとい事です。笑顔を作る事に気を取られていては、手元がおろそかになってしまいますよね。美容室 鶴瀬 美容院 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング