同年代での競い合い

同年代での競い合い

同じ若い女性でも、OLさんと女子学生では髪を美しくすることに対する価値観が微妙に違うと思うんですね。OLさんともなると職場には色々な人達がいます。自分より年上の人たちの中にはとても上手におしゃれをしている人もいますよね。そういうお姉さん的存在の人のオシャレにたいする対策なども参考にする事ができます。そうすると一概に今流行っているヘアスタイルとかにこだわらなくても自分に似合うスタイルと言うのも大切だ、と言う事に自然と気が付くと思います。ですが女子大生と言うのは基本的に日々の付き合いは同年代の女性たちです。オシャレの話に花が咲く時には「今はどんなスタイルが流行っているか」とか「今人気の女優さんやモデルさんはこんなスタイルをしている」という話題になると思うんですね。個人個人に似合うスタイルがある、と言う事よりも今の時代に乗り遅れない様に、と言う事の方に興味があるように思います。そして誰が何処の美容室でどのようなスタイルにしてもらったか、その料金はいくらだったか、と言う情報交換も盛んです。情報はあっという間に広がり良い情報であれば同じようにその美容室にトライしてみる女子大生は多いものです。そうやって同年代で競い合うようにしてオシャレをするのが楽しい時期なのでしょう。みなさんはよくシャンプーなどヘアケア製品のCMを見ると思いますが、そういうCMに出演しているのはとてもきれいな女優さんやモデルさんだったりしますよね。おそらくCMの作り手は「あんな綺麗な髪の毛になりたい」と思わせるために作っているのでしょうけれども、それをみても「あんな綺麗な髪の毛にはなかなかなれない」とか「あそこまで綺麗な髪の毛にするにはそのシャンプーだけではなくてもっとお金を書けないと無理だ」と醒めた感覚で見ている人も多いともいます。一概には言えませんがそういうCMなどをみて「あんな風になりたい」「あんな髪になるように努力をしたい」と思うのは若い女性たち、特に美意識の強い女子大生やOLさんたちだと思うんですよね。ですがOLさんと女子大生の違いは、美しくなるために使う事が出来るお金の金額だと思うんですね。OLさんなら自分で働いたお金で自分が好きなように使う事ができますが、基本的には学費や生活費を親御さんに出してもらっている学生さんたちにとっては、美しくなるために使うお金、というのは限られています。そこまで親に出してもらう訳には行きませんし、仕送りやバイトでの稼ぎの範囲内でなくてはやっていけません。ですからCMなどをみて「このシャンプーで本当にこんな風になれるのかな?」と興味を持つのはそういう女性たちだと思うんですね。美容室 小岩 美容院 カラー トリートメント メンズ 安い 人気