女性同士が気にする事

女性同士が気にする事

女性が美容師であろうとお客さんであろうと男性と違っているところは、他の人の事が気になる、と言う点ではないでしょうか。例えば女性が良く相手に対してかける言葉として「可愛いね」「良いね」「素敵!」などの言葉がありますが、その心の内には相手に対して「いいな、羨ましい」と思っている事が多いと思います。男性が自分の友人に対して「良いよな…」とと言っているシーンはあまり見かけませんよね。男性が相手に対して気にするとしたらその人の持ち物だったり身に付けているものだったりする事が殆どです。その人の生活や人生、その人自身に対して「羨ましい」という気持ちをあらわにするのは女性の方です。美容に関して言えば「髪がさらさらでいいわね」「顔立ちがかわいいから何でも似合うね」など、褒めている様でもどこかで嫉妬している様な会話があちこちで聞かれます。そういう女性たちが多く働いている美容室、と言う所ではやはり色々な感情が渦巻いている事も多く考えられます。もちろんみなさん社会人ですから露骨に嫉妬心をあらわにして喧嘩をするような事は無いでしょう。ですが少数派となっている男性陣にとっては、ニコニコしている反面どこかぎくしゃくしている女性スタッフ同士の言動に、ちょっと困ってしまう事もあるのではないでしょうか。男性の皆さんが良く理解できない、と思うことのひとつには女性の「嫉妬心」「やきもち」があると思います。もちろん男女関係の中での「嫉妬心」なら男性にも理解できるかもしれませんが、男性が理解に苦しむのは「女性同士の嫉妬心」ではないでしょうか。それも恋愛とは全く関係ないところでも嫉妬心を抱いてしまうのは、圧倒的に女性の方が多いと思います。おそらく女性同士のトラブルの多くはちょっとした嫉妬心が発端であった可能性が高いです。女性が同性であるほかの女性に対して嫉妬心を抱くきっかけはたくさんあります。男性にとってはどうでも良いことかもしれませんが、女性の生活と言うのは他の女性と比較できる事象が多いのかもしれません。男性は自分自身の進むべき道をまっすぐ前を見ているのに対して、女性はどうしても周囲を見る傾向がありますね。だれもがすぐにほかの人に対して嫉妬心を抱くのではなくて、おそらくきっかけは「羨ましい」と言う気持ちだと思います。女性そのものがそういう気質であることにプラスして、美容室と言う場所では女性同士が相手を「羨ましい」と思うポイントがたくさんあるように思います。それは女性誰もが興味を持っている「美しい」「キレイ」といった事がテーマとなっている空間だからかもしれません。美容室 ヘアサロン 川越 カット カラー パーマ オーガニック 人気