覚えにくい、という特徴

覚えにくい、という特徴

みなさんは何かの商品やお店の名前に対して、とても覚えにくい名前だったとしたら人に教える時にどうしますか?「あの珍しい名前」とか「何度聞いても覚えられない名前」という表現をしますよね。覚えにくい名前、というのは一見不利なように思いますが、覚えにくさが徹底していたらもはやその「覚えにくい」と言う事がその美容室の一つの特徴となってしまう時も有ります。名前は覚えていないけどもあの珍しい名前のお店って評判が良いらしいよ、という事で十分会話は成り立ちます。ですがそういうお店の場合には、そのほかの部分でとても分かりやすさが必要だと思うんですね。たとえば人々はそのお店の事を調べようと思ったらネット検索をするものですが、その時にはさすがに店名が分からないと不利です。ですが例えば駅の向かい側にある、というような特徴があれば、地名・駅前・美容室と言う感じの検索をかける事ができます。多くの人はその美容室の店名を全く覚えていないのではなくて、活字にされると「そうそう、それ!」と思い出せるものなんですよね。そして一度思い出したら忘れにくくなる、という事も有ります。そしてさらに「あの覚えるのに苦労した美容室」という印象を残す事が出来るものです。覚えにくい店名も時には悪くないかもしれません。今や情報を得るにはインターネットが欠かせない時代となりました。美容室を探そうとする時にもネットを使うでしょうし、行こうと思っている美容室の情報を仕入れたいときにもネットを使う事が殆どです。その時に必要になるのが美容室の店名です。店名を打ち込んで検索するとその美容室の情報が出てきます。ですから店名を知っている、覚えている、という事はとても大切になりますね。つまり覚えてもらいやすい名前にしなくてはいけない、という事です。そして更に大切なのは、検索したらすぐにそのお店の情報が出てくる事が望ましい、という事です。皆さんも経験があると思うのですが、知りたい情報を得るために検索をかけても1ページ目にすぐに出てこない、という事があるとイライラしますよね。まだ2ページ、3ページ目ぐらいで見つかる時には良いですが、それ以降になっても出てこない場合は、「もういいや」と言う気分になってしまいますよね。つまり出来る事ならば検索をしたら1ページ目に情報が出てくるぐらいでなくてはいけない、という事ですね。1ページ目ですぐに見つかるようにするには、同じ店名のお店がたくさんある、とか他の業界でも良く使われている言葉だったり、という事を避けなくてはいけません。こういう対策は近年とても大切になってきているようです。菊川 美容院