お店によって料金が違うのはなぜか

お店によって料金が違うのはなぜか

美容室を探しているときには、その美容室ごとの料金の違いをみて検討する事もよくありますよね。そしていつも思うのが「どうして同じことをするはずなのにこんなに料金が店によって違うのか」と言う事ではないでしょうか。たとえばパーマやカラーリング、といったメニューであれば薬剤を使用するので、その使用する薬剤の仕入れの質や仕入れ値が違う、と言う事が原因なのかもしれない、と言う事は察しがつくのですが、カットとなると明らかにはさみ以外に何も使うものは無いわけですからすべてが美容師の技術料と言う事になってしまいますよね。それに千円以上の差がある、というのはどういう事なのだろう?と思ってしまいます。そこにはおそらく人件費とかテナント料とかといったお客さんには直接関係のない経費をまかなうための仕組みがあるのだと思われます。たとえば激安美容室と言われるようなところが実際に激安なのは明らかに人件費が安いからでしょう。お店もそんなに広くないケースが殆どですし従業員は一人、と言う感じで特別なサービスも有りません。不必要な事は出来るだけ取り除いてスタッフを最小限に抑えることにより人件費を抑え、それをお客さんに低料金として還元しているんですよね。それは解りやすいケースですが同じような美容室で同じような規模、同じような技術の美容室での料金の差、というのはどういう事なのでしょうね。

 

揃えるだけ、って短くはならないのか

 

美容室に行ってヘアスタイルを整えてもらってしばらくすると、なんとなくヘアスタイルがまとまらない、毛先が跳ねる、などといった困った事がおこってきますよね。だけど長さ的には問題はないので、このまま毛先だけ揃えてもらいたい、と思う事ってありますよね。そういう時に美容室へいって「毛先だけ揃えてください」とオーダーした場合、多くの人が結果的に「こんなに短くするはずではなかった」という思いをする事が多いように思います。それは私達素人の考えでは「毛先を揃える」というのは「毛先を短い部分に合わせて飛び出してしまっている毛だけをカットする」と言うイメージだと思うんですね。ところがこのイメージは美容師とは違う事が多いのだと思うのです。美容師は髪の毛の専門家ですから、揃えて欲しい、と言われた時には「毛先のいたんでいる所をカットして健康な髪の毛の状態で揃える」と言う事を意味するのではないでしょうか。だから今揃っていない毛先の短い毛であっても少しカットする事で傷んでいる部分を取り除く、と言う作業をするのだと思います。そうなると必然的にヘアスタイルは全体的に短くなってしまいます。お客さんがイメージしていたのは飛び出している部分だけをカットする事ですから、それ以上に短くなってしまうとイメージが違ってきます。結局揃えるだけ、というのは短くなるのだ、と言う事を認識しておかなくてはいけませんね。

 

PICK UP !!

 

町田駅の業務委託美容室

美容室 求人 就職 業務委託 町田駅

表参道駅の有名な美容室に就職

美容室 求人 就職 業務委託 表参道駅