主な夏の肌トラブルとは

主な夏の肌トラブルとは

夏は多くの肌トラブルを抱える季節のため、様々な方法で適切な対策を行なっている人も多いことでしょう。夏の肌トラブルに上手に対処出来ないといった人は夏にはどんなトラブルが起こりやすいのかをまず知ってみるといいですよ。夏の主な肌トラブルは、シミや日焼け、毛穴のトラブル、ニキビ、乾燥などです。どれも夏になると多くの人が悩むことになりスキンケア等で対処していく必要があります。シミや日焼けは紫外線の影響です。夏は1年を通して最も紫外線の強い季節となるためその影響でシミや日焼けの悩みを抱えることになります。日焼止めを使って対策を行うのはもちろんですが、日差しの最も強い12時から14時くらいの間は極力外出を控えるなどの対策を行なっていくといいかもしれません。気温の高い季節のため毛穴が開き安くなるため毛穴トラブルにも対策が必要になります。毎日スキンケアで毛穴の汚れをしっかりと落としていき、化粧水で毛穴を閉じるようにしていくといいでしょう。ニキビは皮脂の分泌量が関係してきます。肌の皮脂量は肌温度が高くなるほど分泌量が増えていくため夏は他の季節に比べて皮脂の量が多くなります。それがニキビを作ってしまう原因になりますが、皮脂が気になるからといって洗顔をやり過ぎてはいけません。洗顔のやり過ぎは乾燥肌を招きます。夏の乾燥肌は自分では乾燥していることに気が付きにくいため、スキンケアで乾燥を悪化させてしまう可能性もあります。皮脂を適度に抑えつつ、乾燥から肌を守るようにケアをしていくことが夏の肌トラブルを解決する一番重要なポイントなのです。紫外線は肌年齢を一気に加速させるため、肌の若さを保つためにはいかにして紫外線から肌を守るかということが大事になります。そのため紫外線の最も強くなる夏には日焼け止めを使って肌を守ろうとする人も多いわけですが、紫外線は1年を通じて降り注いでいます。冬は紫外線の弱くなるから大丈夫と安心していると気が付かないうちに肌は紫外線の影響を受けてしまっているかもしれません。紫外線対策は季節の変化に合わせて正しく行っていくようにしましょう。夏は日焼け止めを使って対策を行っていくことが大事ですし、日差しの強くなる10時から14時の間は外出を控えるというのも効果的です。秋は夏に比べて涼しくなるため紫外線の影響を意識しにくくなりますが、日差しの強い日は紫外線も強くなります。秋になったからといって安心していると思わぬシミができてしまうかもしれません。日焼け止めは忘れないようにしましょう。冬は紫外線の弱くなる季節ですが、その分肌も紫外線に対して弱くなります。紫外線の強くなりそうな日は日焼け止めを使って対策を行う必要も出てきます。春は夏以上に紫外線に注意が必要な季節となります。冬の間は紫外線に対して肌が抵抗力を失っているため、紫外線の強くなり始める春は肌が一番弱い状態になります。5月の紫外線は7月や8月の8割近い強さの紫外線が降り注いでいるためシミができやすい季節となります。4月に入ったときには紫外線対策を意識して過ごしていくようにしてください。中目黒 美容院