ポジションに関する嫉妬心

ポジションに関する嫉妬心

男性にとっても自分が今働いている職場で自分のポジションがどの様なポジションなのか、と言う事がとても重要な事ですよね。ですが男性は人がどうである、と言う事よりも自分自身と向き合って戦っている人が多いように思います。特に美容室においては同年代の男性美容師がそんなにたくさんいる訳ではないでしょう。もちろん男性美容師がとても多い美容室も有りますから、そういう所では男性同士でも嫉妬心から様々なもめ事が起こる場合もあるかもしれませんが、男性の場合はきちんと戦いながら互いを高めていくような良いライバル関係事が多いですよね。それに比べて女性は相手に対して簡単に嫉妬心を持ってしまう事が多く、自分の足りない所ではなく相手が持っている事ばかりを数えてしまう所があります。ですから環形ないところでも嫉妬心が燃え上がってしまうケースも良くあります。自分よりも先に昇級した、となると自分の足りない所ではなくて相手に対して「こんなところもあるのにどうしてあの子の方が上に扱われるのだ?」と相手の欠点を探して文句を言う事がよくあります。そして達が悪いのは面と向かっていがみ合うのではなくて、表面では上手く付き合って陰で別の人に対して悪口を言ったりするものです。オーナーや経営者にとってはこういう女性の性格は厄介に思う事でしょう。女性客と女性美容師の間でトラブルが起こることも有りますが、もっと多いのは女性スタッフ同士のもめ事ではないでしょうか。時に男性の心理では考えられないような事が原因で女性同士でいがみ合いをしている事は良くありますね。男性の目に一番とまりやすいのは、男性スタッフの視線を気にして起こる問題でしょう。たとえばオーナーが男性であれば「オーナーはあの子ばかりひいきをする」といった類の問題が生じる事もあります。たまたまその子の容姿がかなり良かったとすると「可愛いからひいきされている」となる可能性もあります。それは確かに人の容姿には優劣があるかもしれませんが、ただ容姿に差があるだけではそこまでいがみ合いをすることなないでしょう。ですが容姿が良くても何か性格的に嫌なところがあるとか、容姿が良いうえにさらになにか人の嫉妬心を煽るような事をしたりすると、決してオーナーにはそんなつもりが無くても「ひいきしている」という感情を他のスタッフに持たせてしまう事もあるでしょう。もちろんオーナーにしてみれば何のことか解りませんし、とんだとばっちりといった感じでしょう。ですが女性同士の場合、誰が誰にどう思われているか、特に異性にどう思われているか、と言う事は些細な事でももめ事の発端となり得ますよね。美容院 ヘアサロン 綱島駅 カラー デジタルパーマ 人気 口コミ 予約