大切なフィードバック

大切なフィードバック

美容師にとって自分が担当していたお客さんがある時点からお店に来てくれなくなる事は残念なことです。美容師自身がその人の事を「常連さん」だと思っていた場合、売り上げの見込みが減ってしまう事になります。その事は美容室の経営を左右する事にもなりかねません。どうしてそのお客さんが離れて行ってしまったのか、と言う事をきちんと反省し、今抱えているお客さんに対しては、他の美容室に移ってしまう事が無いように対応しよう、としなくてはいけないでしょう。そう考えると大切な事は「離れてしまってから理由を考えても、それは自分の一方的な反省点でしかない」と言う事です。つまり既に離れて行ってしまったお客さんに対して本当の理由を聞くことは難しく、美容師自身が「こういった理由だったのではないか」と想像する事しか出来ないわけです。ですが本当の理由を知らない事には解決につながりません。ですから大切なのは一度の来店ごとにきちんと結果と原因を把握しておくことです。上手くいった時でも「どんな事にお客さんは満足してくれたのか」と言う事を振り返っておく、満足してもらえなかった時には「何に対してお客さんは不満や不安を感じたのか」と言う事をアンケートなどで把握して、その結果を次につなげる、と言う事がとても大切ですよね。美容師になるためには、美容専門学校に通って国家試験を受けて、アシスタント時代にたくさん練習をして…と、多くの美容師は一生懸命に自分の技術を磨きながら美容師として活躍する事を目指しているのだと思います。せっかくリピーターになってくれた、と思っていたお客さんがある日別の美容室へ行っていることが解った、となると、それはショックな事でしょう。自分が努力してきた分、美容師は自分の技術が足りなかったのだ、とまず第一に考えてしまうようですが、実際にお客さんが美容室に対して求めているものは、技術がすべてではありません。たとえばとにかくヘアスタイルは清潔感のある状態になればそんなにこだわらないから、お店に来てリラックスして過ごしたい、と思っているお客さんもいるんですね。ヘアスタイルは確かに自分の容姿にとって重要な問題ですが、ある程度自分の想いが叶っているヘアスタイルに仕上がれば、それ以上に技術の良い悪いを判定しようとするお客さんはそんなにいません。むしろ結果よりも「その美容室に居た時間が居心地の良い時間だったか」と言う事の方が大きいと思うんですね。よく言われる事ですが特に女性の場合は「どこで何をするか」と言う事よりも「誰と一緒にするか」と言う事のほうが重要だ、と言う事があります。どんな美容室でどんな美容師に担当してもらうか、と言う事がお客さんにとっては重要な事が多いと思います。つまり美容師の人間性もとても大きなポイントとなるのです。吉祥寺にあるヘアサロン