トリートメントの使いかた

トリートメントの使いかた

トリートメントをどのように使っていますか?と聞かれてもことさら説明する事はないぐらいみなさんただトリートメント剤を付けて洗い流しているだけかもしれません。ですが実はkの使いかたを少し変えるだけでその効果はかなりアップするようなんですね。まずはトリートメントの量です。付ければ付けるほど効果が上がる、と思っている人もいるかもしれません。ですが実はつけすぎは髪の毛には良くないんですね。トリートメンとのボトルにだいたいの使用料の目安が描かれていると思いますが、それ以上の量を付けても効果がアップするものではありません。つけすぎた量のトリートメントはただ髪の毛を重くしてしまったり、べた付きの原因となってしまうだけですから使う量には気を付けましょう。そして実はトリートメントを付けるのにはつけ方があります。一番髪の毛の中で傷みが激しいのはほとんどの人が毛先です。ですからまず髪の毛のながさの半分ぐらいの所から毛先にかけてまんべんなく付けていきます。その時に意識するのは「付ける」のてはなくて「浸透させる」事を意識する事だと言われています。髪の毛の内部に栄養を届けるような気持で揉みこんだりしごいたりしながら付けていくのが良いと言われてします。これまでつけ方に意識したことが無かった人はぜひやってみてください。髪の毛のホームケア、と言われるとなんだかとても仰々しい事をしなくてはならないようなイメージになるかもしれませんが、実際にはシャンプーやトリートメントを自宅で当たり前に行っている人にとっては、何も特別な事をすると言う事ではありません。しいて言うならば今やっている事をもう少し丁寧にする、とか時間をかけてする、といった感じかもしれません。ですがこれが実はとても効果が大きいと言われているんですね。おそらくこれまでシャンプーやトリートメントというのは「ただやればよい」という感覚で行っている人が殆どだったと思うんですね。どうしてこれをやるのか?という事を考えたことがある人は少ないと思うのです。お風呂に入った時にやるべきことのひとつぐらいにしか意識していないものだと思うんですね。実際にそれをやるとどうなるのか?という事を知っていれば自然と心こめて丁寧にする事が出来るようになるかもしれません。髪の毛をケアするのは美容室で、という意識の人が多いかもしれませんが、実際には美容室に行く日以外のほうが断然多い訳です。そうなってくると日頃のケアがいかに大切か、という事が良く解ると思います。特に髪のケアとして行うトリートメントに関しては、ただ薬剤を付けて洗い流している人が殆どだと思うのですが、それでだけでは十分にトリートメントの効果を得ていない事もあるようなんですね。